電話代行 秘書代行 ビジネス・パワー 東京
ビジネス・パワー
ビジネス・パワー
トップへ トップへ お気に入りに追加
メインメニュー

 

  11月28

 

「事業の寿命30年」
1.日本の企業は1980年代になって、創業経営者からサラリーマン経営者への交代が進んだ。その結果、経営が管理一辺倒になっていまった。企業が大きくなっても、従業員やお客、取引先を守るために、建設のフェーズから管理のフェーズに移ることはやむを得ないが、守り一辺倒では次の事業が生まれないことが今の日本の閉塞状況を生んでいる。
2.小学校しか出てない創業経営者から東京大学法学部を出たような管理型経営者に替わると、減点主義でミスをしない経営になり、建設派の居場所がなくなる。米国では100年経っても元気な会社は次から次へと新しい事業を建設している会社だ。GE(ゼネラル・ エレクトリック)は、白熱電球と発電機の会社から家電、ジェットエンジン、原子力発電、金融、メディカルに展開した。
3.IBMはハムのスライサーの行商から出発して計算機へ移り、コンサルティングへと変身した。米国では2ケタ成長、2ケタ営業利益率を上げ続けている企業が多く、そうでなければ淘汰される。「大企業病」という言葉はない。(参考:「週刊東洋経済」2011年7月30日号)

 ハートフル・ワードのページへ戻る

 

東京の電話代行 ビジネスパワー TOP
転送コース | 専用コース | 住所コース
スタートまでの流れ | 料金表 | 電話代行とは | 会社概要 | 問い合わせ

Copyright (C) BUSINESS POWER All Rights Reserved.