電話代行 秘書代行 ビジネス・パワー 東京
ビジネス・パワー
ビジネス・パワー
トップへ トップへ お気に入りに追加
メインメニュー
スタッフブログ
 
会社設立・記帳代行サービス 会社設立をお考えの方はこちら
有限会社ビジネス・パワー
〒169-0072
東京都新宿区大久保2-7-1
大久保フジビル4F 412号
TEL:03-5286-7771
FAX:03-5286-7772

 

 電気通信事業者届出番号 

 A-18-08717



ハートフル・ワード バックナンバー
 

  7月17 今週のハートフル・ワード(心からの言葉) 

 

生産性が低いまま長時間働くことが問題   永守 重信(日本電産会長兼CEO)      

 

1.ものすごくハードに働いてきた会社(「モーレツ」とか「ガンバリズム」のイメージ)だったから、転換も速いです。でも働き方改革をやればやるほど難しいということを毎日、毎日、実感しています。働き方を変えるということは本当に奥が深い。過去にやってきた働き方が悪いとは全然思っていません。それは変える理由があったから変えたわけです。ハードワークすることが間違っているのではなくて、生産性が低いまま長時間働くことが問題です。

 

 

2.欧米の企業は残業しないし、休暇も全部とる。そのわりに業績は悪くない。いったいいつ働いて、どうしているのかと不思議でした。実際に欧米の企業を買収するようになってなるほど、こういうメカニズムなのかと分かってきた。日本のやり方が間違っているのではないかと思い始めました。先進国になってからも、長時間働いているということはやはりおかしいね、とこの運動(働き方改革)は「おかしい」から始まりました。  

 

 

3.今の働き方改革では、そういう掛け声(「残業減らせ」「はよ帰れ」)ばかり。本当に生産性を向上させるにはお金がかかります。日本の企業が欧米型に変われるのはそんな簡単なことではない。社員の意識もなかなか変わりません。何十年とやってきたことを覆すのは、明治初期に着物から洋服に変えた時よりも激しい改革です。    

   

     

 

(参考:「日経ビジネス」 2018年4月2日号

 

 

 
  バックナンバー

  

7月9日 不確実な時代の企業経営

  

7月2日 製造業が勝ち続けるためには環境技術が何より重要

  

6月25 日本でも格差拡大が始まってすでに 40 年

  

6月18 複雑かつ多方面にわたる情報から直感的に方向性を導く

 

6月11 「働く」 とはどういうことか

  

6月4 競争力のあるところが生き残る

 

5月28 人間の心の幸せとは何か

 

5月21 実生活で活躍するためには、自分で物を見、自分で判断する

 

5月14 非正規社員から正社員への割合を増やすこと

  

5月1 経営者には根源的な哲学が必要

  

4月23 新製品 (発売して 3 年以内) 比率を 40% に

  

4月16 従弟制度的プロセスはなくなっている

  

3月26 もはや 「仕事」 ではなく単なる 「労働」(不正の要因)

  

3月19 生涯学習がこれからのカギになる

  

3月12 我欲なく、見返りを求めず、無心に没頭する

  

3月5 不祥事が起きる4要素

  

2月26 組織には倫理観と責任感のあるマネージャーが必要

  

2月19 「規模」 と 「優位」 の経営戦略 (その 2)

  

2月13 「規模」 と 「優位」 の経営戦略 (その 1)

  

2月5 コンビニ 3 社の 24 時間営業の今後

  

1月29 トマトの会社から野菜の会社に

  

1月22 「操業」 経営者 (サラリーマン経営者) は名経営者たりうるや

  

1月15 プレミアム性を訴求できる国や地域を攻める

  

12月18 松下幸之助の人格をつくったもの

 

12月4 会社の経営の 90% は論理的で分析的な仕事

 

11月27 人格教育に必要なのが東洋思想

 

11月20 利益は働き手にしっかり還元する

 

11月13 創業家は志や理念の体現者として存在する

 

11月6 経営には生身の人間としての根源的な力が必要不可欠

 

10月30 イノベーションを起こすオープンな組織

 

10月23 社会貢献が近江商人の目標であり本題

 

10月10 大局的な立場に立ち全般を見通す

 

10月2 PB でヒット商品を出せば商品数を削減できる

 

 9月25 徹底した準備と実行が偉大な成功を生む

 

 9月19 社内から律するCFO(最高財務責任者)の役割

 

 9月11 行動の基本に「誠実」(嘘、偽り、ごまかしがない)を加える

 

9月4日 社員は一日 10 時間働くべきものではない、家庭での時間を増やす

 

8月28日 高度サービス産業では個人の独創性を引き出す

 

  8月21日 正しい判断を下すことが経営者最大の仕事

 

  8月7日 キャッシュをベースに経営判断を

 

  7月31日 M & Aで成功する秘訣

 

  7月24日 先代が残してくれた言葉を受け継ぐ

 

  7月18日 大胆なイノベーションを起こし変化に適応する

 

  7月3日 社会貢献活動は企業の成長を支える

 

  6月26日 長期的視点を持てば変化することができる

 

  6月19日 中間財や高度な素材へとシフトしている(モノづくり)

 

  6月12日 メールでは伝わらない、本当の気持ちは顔に書いてある

 

  6月5日 働き方改革の究極の姿(人間的な仕事への特化)

 

  5月29日 サントリーを支える利権三分主義

 

  5月22日 直感やひらめきは現場に立ち続ける中で生まれる

 

  5月15日 経営資源の中核になるのは人間の能力

  

  4月24日 逆境に挑む強い精神が必要だ

  

  4月17日 事業を売る時代の生き残り術

  

  4月10日 改善をつなげていけば改革になる

  

  3月27日 「正しさ」 によって庇護される人 「正しさ」 の虚を突く人

  

  3月21日 アメリカの長い伝統が変わることになるのか

  

  3月13日 流通業は生き残るため 30 年後のあるべき姿を読む

  

  3月6日 悪い情報から報告する

  

  2月27日 リーダーはキャプテンではなくオーケストラの指揮者

  

  2月20日 寄付による社会貢献が社員の誇りに

  

  2月13日 大切な投資にはリスクが伴う

  

  2月6日 新興国 (フラジャイル 5) の明暗

  

  1月30日 顧客に対してフェアであり例外を作らない

  

  1月23日 ビジネスに必要な三つの不屈の 「意志力」 と 「行動力」

  

  1月16日 今に集中する

  

  1月10日 チームで頂上に上る

  

  12月26日 着眼大局、着手小局

 

  12月19日 トップの決断力 (黒田如水)

 

  12月12日 道徳の伴った事実だけ推進する

 

  12月5日 松下幸之助から学んだ経営者の原則

 

  11月28日 先が見えない時代に新たな手を打つ

 

  11月21日 ガバナンスの本質は正論を言い合うこと

 

  11月14日 夢を実現する 4 つのこと

 

  11月7日 素直な心になること

 

  10月31日 人を基軸におく経営を貫く

 

  10月24日 技術の目利きが必要

 

  10月11日 後姿のよい人こそが本物

 

  10月3日 確立と統計からユーザーの気持ちと商品の価値を知る

 

  9月26日 花王の強さの源泉はどこにあるのか

 

  9月20日 三菱グループの強さの要因

 

  9月12日 成長戦略ではなく成熟戦略を

 

  9月5日 経営者は社員の人間的成長を大事にする

 

  8月29日 人工知能ブームを迎え、新しい変化とチャンス

 

  8月22日 新人教育は企業の理念を理詰めで説き、体得させる

 

  8月8日 弁護士や学者より経営者 OB が適任(社外取締役)

 

8月1日 最高のおもてなしのため、時短で、瞬間的に売り上げ減は構わない

 

  7月25日 リーダーはいろんな現場を知りかつ交渉力が必要

 

  7月19日 技術料、点検料、出張料のうまみ

 

  7月11日 新規事業を作るのは志

 

  7月4日 「四方よし」の経営

 

  6月27日 人から人へ、世代を超えて TPS が伝えられている 

 

6月20日 中堅・中小企業の役割(その2) オンリーワンよりナンバーワンを目指せ

 

6月13日 中堅・中小企業の役割(その1) 勢いのある企業の三原則

 

  6月6日 マイナス金利が促すフィンテックへの移行 

 

  5月30日 どんな環境にも会社を安定させられる手段を考えておく 

 

  5月23日 良樹細根で信念を貫く 

 

  5月9日 経営者のリーダーシップは「絶対に成功させる」という覚悟 

 

  5月2日 本を務める 

 

  4月25日 挑戦は責任と表裏の関係 

 

  4月18日 教養を身に付けるには世界史、宗教、地政学の順に学ぶ 

 

  4月11日 国内改革のために荒療治が必要 

 

  3月28日 ものづくりから金融まであらゆる分野で数学は役立っている 

 

  3月22日 「学び直し」の時代がやってくる 

 

  3月14日 清規と陋規を考える 

 

  3月7日 山田方谷の言葉を活用し危機を脱す 

 

  2月29日 マイナス成長は構造的な問題 

 

  2月22日 貧する状態を放置する経営者の罪は重い 

 

  2月15日 事業の選択と集中が進まない2つの理由 

 

  2月8日 経営とは全人格的なものである 

 

  2月1日 読むに値する本か、読むべき箇所はどこかを判定する 

 

  1月25日 ダイバーシティへの異論 

 

  1月18日 道縁は無窮 

 

  1月12日 日本の製造の強さはオープンイノベーションによる 

 

  12月28日 求められる文系、理系の枠を取りはずした人材 

 

  12月21日 内部告発者の役割を重視すべきだ 

 

  12月14日 「手間を掛ける」 とは 「気を込める」 こと (その 2 ) 

 

  12月7日 「手間を掛ける」 とは 「気を込める」 こと (その 1 ) 

 

  11月30日 久しく続けるのが完成の第一 

 

  11月24日 人の歴史には一定の法則がある 

 

  11月16日 利益には「出る」と「出す」の区別が欠かせない 

 

  11月9日 従業員の不満の解決は、経営者の役割 

 

  10月26日 歪められた日本の歴史に対し正しく主張する 

 

  10月19日 10年、20年後を考えて自ら身を引く 

 

  10月13日 高齢者の地方移住に求められる政策 

 

  10月5日 労働環境の改善で生産性が向上 

 

9月28日 環境を見て、内部を見て、会社が変化についていけるのか把握する 

 

  9月24日 リーダーは部下に信頼される人徳を養う 

 

  9月14日 ROEは分かりにくく、使いにくい 

 

  9月7日 買収戦略はサラリーマン経営者では難しい 

 

  8月31日 異分野の研究開発費を割いてチャレンジする 

 

  8月24日 労せずして富を手にした人は心が蝕れる 

 

  8月3日 新たな成長の始まり(コーポレートガバナンス) 

 

  7月27日 人事部の課題と改革 

 

7月21日 全国一律の商品やサービスから地域密着へ(外食チェーン)

 

  7月13日 日本の製造業の今後の戦略(その2) 

 

  7月6日 日本の製造業の今後の戦略(その1) 

 

  6月29日 日本的経営(年功序列)を貫く 

 

  6月22日 いかなる価値基準で歩んでいくか 

 

  6月15日 国内の農業に貢献 

 

  6月8日 同族がすべて悪いわけではない 

 

  6月1日 福祉だけでない北欧企業のすごみ 

 

  5月25日 良心をもち優れた指導者を目指す 

 

  5月18日 ビジネスの利益よりコンプライアンスを優先 

 

  5月11日 会社や組織を第一に考えるオーナーシップ 

 

  4月27日 本田宗一郎の示唆に富んだ言葉 

 

  4月20日 非凡な現場を作ることで会社は強くなる 

 

  4月13日 お釈迦様が説く全面的な成功 

 

4月06日 成長の時こそ一番危ない、創業以来のスピリッツを取り戻す 

 

  3月23日 小が大に勝つ2つの要因 

 

  3月16日 「売り上げはすべて癒やす」で経営破綻したダイエー 

 

  3月9日 経営者に必要な構想力 

 

  3月2日 モノマネでなければGOサインを出す 

 

  2月23日 世界の市場にチャレンジを (その2) 

 

2月16日 思いもよらないものを発見する能力は努力している中にある 

 

  2月9日 世界の市場にチャレンジを (その1) 

 

  2月2日 人間は常に変化していく 

 

  1月26日 低賃金の雇用増加が目立つ 

 

  1月19日 執念深さとスピード感で真の優良企業になる

 

  1月13日 まねしにくい戦略や製品を構築する

 

  12月29日 筋のよい事業立地とは何か

 

  12月22日 地方活性化とは地方が行うこと

 

  12月15日 山鹿素行の教えを重視した吉田松陰

 

  12月8日 答えは自分の中にある

 

  12月1日 見るのは他店ではなくあくまでもマーケットである

 

11月25日 地道な営業活動と40年前に種まいたマグロの養殖で成長発展

 

  11月17日 国家の発展を阻害する人たちが急増している

 

  11月10日 技術は生鮮食品と同じ

 

  11月4日 協力企業に対するサポート体制

 

  10月27日 目指すゴールをA4 1枚にまとめる

 

  10月20日 ボーナスの年収比率の長期的減少

 

  10月14日 困難は解決策を連れてくる

 

  10月6日 冷静に分析しているもう一人の自分を残しておく

 

  9月29日 肚のできている人できていない人

 

  9月22日 求人数より就職件数をみる方が適切 

 

  9月16日 景気が悪いときに大量に出店する 

 

  9月8日 海外M&Aの失敗する原因 

 

  9月1日 ソニーとパナソニックの明暗の差はどこか 

 

  8月25日 遊休地内に誘致する「知のケイレツ」 

 

  8月18日 余裕のある時に業務転換を 

 

  8月11日 製品が壊れる前に直すアフターサービス 

 

  8月4日 決断に際して四つの優先順位(ドラッカー) 

 

  7月28日 人事に関する根拠(武田信玄の場合) 

 

  7月22日 成功しない決断に意味はない 

 

  7月14日 揺さぶることで新たなものを生み出す 

 

  7月7日 工場への投資の重要性を再考すべき 

 

  6月30日 長の長たる資格、一は「修身」、二は「場を高める」

 

  6月23日 マーケティングと営業の違い

 

  6月16日 消える寿司店生き残る寿司店

 

  6月9日 古きよき日系企業の強み

 

  6月2日 リーダーに必要な正しい意思決定の力

 

  5月26日 古い価値観の恕が必要

 

  5月19日 製造業依存から農食産業への転換

 

  5月12日 余裕が出てきた時期こそ、リーダーとして教育を身に着ける

  

  4月28日 志を立てて生きる

  

  4月21日 経営者は必ず成功させなければならない 

  

  4月14日 徳目を体した「真実の人」づくり 

 

  4月7日 2020年東京大会開催への過度な期待は禁物 

 

  3月30日 読書の積み重ねで新事業の発想を得る 

 

  3月24日 物事を完成する生き方 

 

  3月17日 少子高齢化でも国内市場にチャンスはある 

 

  3月10日 改革には現場の片隅みにいる日陰者が必要 

 

  3月3日 禅の修行で無限の可能性が生まれる 

 

  2月24日 変化に対応するより変化を先取りし作り直せ 

 

  2月17日 時流にのる者は時によって滅ぶ 

 

  2月10日 消費者・顧客が残念に思う企業行動 

 

  2月3日 戦える条件を徹底的に追求する 

 

  1月27日 世界のGDPの70〜90%はファミリービジネスが占める 

 

  1月20日 ローコストホテルを造る 

 

  1月14日 経営は本来人間形成である 

 

  1月6日 現状の景気回復は持続可能ではない 

 

  12月24日 デザイナーが持つ 創造・視覚化の力を生かす 

 

  12月16日 統制経済と官営経済を減らしていく 

 

  12月9日 投資依存経済成長はなぜ持続できないのか(その2)

 

  12月2日 日々の行動の基本となる考え方が正しくなければならない

 

  11月25日 投資依存経済成長はなぜ持続できないのか(その1)

 

  11月18日 天に通ずる道を行く

 

  11月11日 戦略コンセプトは「お客さんの業務を止めない」

 

  11月5日 俗望を捨てて雅望に生きる

 

  10月28日 2030年雇用半減説

 

  10月21日 管理職にに求められる部下を育てようという志

 

  10月15日 アフリカは「王子」に食い込む

 

  10月7日 創造性を育むために過ごし方を変える

 

  9月30日 小さなことをコツコツ続ける

 

  9月24日 経営理念が競争力の源泉

 

  9月17日 不正が発生したら早期に公表する企業風土

 

  9月9日 最終消費者に選ばれる存在

 

  9月2日 「体育会体質」が招く危険

 

  8月26日 スーパーは個店経営でないと成立しない

 

  8月19日 産業構造の変化が男性の仕事を減少させる

 

  8月12日 富山商人に学ぶ

 

  8月5日 原点(幸せな時間を過ごしていただく)は崩さない

 

  7月30日 日本社会全体に満足 (53.4%)

 

  7月23日 アベノミクス(良薬)の副作用に備える

 

  7月16日 日本海型社会との共存を世界に広める

 

  7月8日 将としてカギになるのは「オーナーシップ」

 

  7月1日 基礎体力(競争力)を上げ給料と正規雇用を増やす

 

  6月24日 飽きずに基本を追求する

 

  6月17日 いかなる立場でも謙虚さを忘れず、己を磨き続ける

 

  6月10日 「武士道」からの日本の精神文化を学ぶ

 

  6月3日 よいデザインは人を変える

 

  5月27日 突出した人間を作ること

 

  5月20日 サービス改善の原点は5S

 

  5月13日 アベノミクスによる経済効果

 

  4月30日 正直な労働

 

  4月22日 1日の業務の最後に30分深考

 

  4月15日 教育活動は主力産業になり得る

 

  4月8日 日本精神の復活

 

  4月1日 日本は国に形をもう一度鍛え直す

 

  3月25日 リーダーの必須条件「修身」

 

  3月18日 「シマノ現象」を取り入れる

 

  3月11日 日本の再生は日本国民の人的資産を活かすこと

 

  3月4日 古典には人と成るための教えが説かれている

 

  2月25日 日本は世界の変化についていけなかった

 

  2月18日 修行というのは死んでからも修行だ

 

  2月4日 心は形を求め、形は心を進める

 

  1月28日 予約乗車率が90%のタクシー会社

 

1月21日 「ダントツ商品」「ダントツサービス」「ダントツ経営」の実現

 

  1月7日 二宮尊徳の報徳仕法にヒントがある

 

  12月17日 幅広く、さまざまなジャンルに興味を持ち感性を磨く

 

  12月10日 裸の王様には決してならない

 

  12月 3日 教育の場には、家庭、学校、社会(会社)の三つがある

 

  11月26日 いかなる時代環境においても利益の出せる仕組み

 

  11月19日 日本神道の精神は、清く、明るく、直き心

 

  11月12日 技術力を磨き続けグローバル企業・大学と連携

 

  11月5日 従業員1人ひとりの人格の集まりが企業の品格を作り上げる

 

  10月29日 私利私欲が表に出ると会社は潰れる

 

  10月22日 心のありようで人生は大きく変わる

 

  10月1日 日本は経済問題が深刻化している

 

  9月24日 企業の目的は「公共善」の追求

 

  9月10日 名誉心を取り戻す

 

  9月3日 経営トップの必要条件

 

  8月27日 組織公平の4つの尺度

 

  8月20日 リーダーシップを発揮する6つの能力

 

  8月6日 当たり前のことを当たり前にやる

 

  7月30日 公の精神を生み出した日新館の「什の掟」

 

  7月23日 かつて「斜陽産業」の繊維産業が再生した理由

 

  7月9日 真のエリートは責任を負う (元NTTドコモ社長、会長)

 

  7月2日 新興国メーカーが参入できない分野を中核事業に

 

  6月25日 大企業が研修に来る知る人ぞ知る町工場

 

  6月18日 コスト構造を変える

 

  6月11日 世の中にうまい話はない

 

  6月4日 徳を備えた人が人の上に立つべき

 

  5月28日 誰よりも働く

 

 

  5月21日 円高で赤字は競争力がないから

 

  5月14日 田舎で起業ラッシュ

 

  5月7日 見えないものを見ようとする努力が大切

 

  5月1日 地産池消のすすめ

 

  4月23日 同質化競争から独自性へ

 

  4月16日 人生は順逆の連続である その順逆を越える

 

  4月9日 バランスのとれたよい性格を練り上げる

 

 

  4月1日 「お客様が先、利益は後」の経営理念

 

 

  3月25日 2012年売上げを伸ばす企業の条件

 

 

  3月18日 会社を潰さないための三つの実践

 

 

  3月12日 5つの「自」を身に付け変化に即応する

 

 

  3月5日 コツコツと一途一心は同義

 

 

  2月27日 飛び込み営業で地道に成長

 

  2月20日 幸福度と生産性について

 

  2月13日 世界の変化を把握する

 

  2月6日 生涯修行が自己の使命

 

  1月30日 現場重視ではなく現場を直視する

 

  1月23日 肥大化する中国進出リスク

 

  1月16日 日本の成長モデルを入れ替える

 

  1月10日 経営は規模の大・中・小を問わず共通している

 

  12月27日 桃太郎集団を作る

 

  12月19日 顧客は価値を認めれば高くてもお金を出す

 

  12月12日 客の希望はガラガラ店舗(繁盛店は作らない)

 

  12月5日 現場が訓練の場

 

  11月28日 「事業の寿命30年」

 

  11月21日 報いを求めず積み上げていく

 

  11月14日 礼儀を尽くせ

 

11月4日 「悪いことをしない」とは「いいことをする」という意味ではない

 

  10月31日 信じていないことは口に出すな

 

  10月24日 立ち返る場所こそが経営理念

 

  10月17日 会社がおかしくなる6つの要因

 

  10月11日 自分との間で真義を守る

 

  10月3日 上司は部下に対し言うべきことは嫌われも言うこと

 

  9月26日 日本のモノ作りの仕組みが変わる

 

  9月20日 ワンポイント経営アドバイス 本田宗一郎語録

 

  9月12日 経営とは想定外をなくすことと矛盾を解決すること

 

  9月5日 身の丈に合わない商売はしない

 

  8月29日 町役場の職場理念

 

  8月22日 職人と商人の両方が必要

 

  8月16日 人物になるための一番の基本は「愼獨(しんどく)」 

 

  8月8日 社員の幸せを考え社会に迷惑をかけない経営

 

8月1日 精神的にも物質的にも豊かな国へ

 

  7月25日 しっかりとした気構えを持つ

 

  7月19日 古典に学ぶ 項羽はなぜ自滅したのか

 

  7月11日 謝罪の4つの段階

 

  7月4日 人は自分以外の誰かを幸せにするために生まれてきた

 

  6月27日 古典に学ぶ 相手の善意に期待するな

 

  6月20日 和の精神と公を思う精神

 

  6月13日 国民の意識転換で優れたリーダーが生まれる

 

  6月6日 松下幸之助のリーダーシップ「従いつつ導く」

 

  5月30日 これからはCSVの時代

 

  5月23日 日本人の勤労観が揺らいでいる

 

  5月16日 どん底から復活する

 

  5月9日 すべての仕事に共通する普遍の法則

 

  5月2日 守るものは成長するための志

 

  4月25日 自分を律する家憲(渋沢家)

 

  4月18日 部下を幸福への道に導く

 

  4月11日 地道に商いに励んだ結果が利益である

 

  4月4日 社是・経営理念をベースにブレることなく経営を行う

 

  3月28日 古典に学ぶ 攻めか守りか

 

  3月22日 生活の踏襲が永続発展する

 

  3月14日 経営者には理念・哲学が必要

 

  3月7日 「すぐ検討」ではなく「すぐ検証」

 

  2月28日 従業員と徹底的に会話する

 

  2月21日 5悪の撲滅に成功

 

  2月14日 野心と志の違い

 

  2月7日 経営者の宿命と責任

 

  1月31日 日本の繁栄の要因

 

  1月24日 600社を越える企業が視察

 

  1月17日 日記のすすめ

 

  1月11日 成果をあげる

 

  1月4日 専門と教養とのバランスのよい勉強が豊かな人生をもたらす

 

  12月27日 強みを生かす

 

  12月20日 古典に学ぶ バクチまがいには手を出すな

 

  12月13日 部下をしかるががっかりはさせない

 

  12月6日 中国古典を学び実行する

 

  11月29日 成果を上げる四つの人間関係

 

  11月22日 「7つの習慣」の評価

 

  11月19日 人事・労務について 中堅・若手が大企業を去る理由

 

  11月8日 難しい本は書いた著者が悪い

 

  11月1日 経営者のための営業学 昭和のバスガイドが現役復帰

 

  10月25日 古典に学ぶ 人を見る目を磨く

 

  10月18日 決断と継続的な実行

 

  10月12日 決断の真の意味

 

  10月4日 目利きは日々同じことの繰り返しから生まれる

 

  9月27日 成果を困難にする四つの現実

 

  9月21日 人を育てる原点と要諦

 

  9月13日 信頼する部下への「退職願」への対応

 

  9月6日 我が子に残すべきは自分の生き方

 

  8月30日 経営者のための理念・哲学

 

  8月23日 好調な「ちょっとだけ贅沢」な気分の商品群

 

  8月16日 社員を動かす経営者の語り方

 

  8月9日 繁栄の基本的な原則

 

  8月2日 リーダーとは学びを広げ豊かな持論を獲得する人

 

  7月16日 経営者のための危機管理 小さな積み重ねが改革へつながる

 

  7月6日 仕事からしか幸福は得られない

 

 

 

 

東京の電話代行 ビジネスパワー TOP
転送コース | 専用コース | 住所コース
スタートまでの流れ | 料金表 | 対応トーク事例 | お客様の声電話代行とは
代表コラムハートフルワード | 会社概要 | 問い合わせ



Copyright (C) BUSINESS POWER All Rights Reserved.